老眼を解消【ウォーキングなど軽い運動でいいので適度に運動】

対策をする

目

自然にものが見える

近くにあるものを見る瞬間に見えづらくなってきたなと感じている方は、ひょっとすると老眼が始まっているのかもしれません。加齢により水晶体の弾力性が低くなると、ピントが合わせることが円滑に行われなくなるために老眼は起こります。老眼かもと感じている方は、遠近両用コンタクトレンズを使用してみてはいかがでしょうか。老眼の矯正には遠近両用のメガネもありますが、おすすめなのはコンタクトレンズです。遠近両用メガネはピントを合わせる場合には、遠くのものを見るときは上の方を通して見るようにします。そして、近くにあるものを見る際は、下側のレンズにを通して見るようにしなければいけません。ところが、遠近両用コンタクトレンズは視線を変えて自分自身でピントを合わせる必要がありません。コンタクトレンズにより違いはありますが、例を挙げるとレンズの外側が近くを見るための度数、中心部が遠くを見るための度数という構造になっています。遠近両用コンタクトレンズは、この構造を利用して脳の作用で自然にピントが合うようになっています。このため遠近両用のコンタクトレンズは装着してものを見ているときに、疲労感を感じづらいのも特徴です。遠近両用メガネを使用していて、目が疲れるなといった方は試して見る価値はあるでしょう。メリットのある遠近両用コンタクトレンズですが、購入するときは眼科医の検診を受けてください。自分の度数にあったコンタクトレンズを選ぶことは何よりも大切です。度数を知った上でハード、ソフト、使い捨てタイプから自分に合ったものを見つけていくといいでしょう。

Copyright© 2018 老眼を解消【ウォーキングなど軽い運動でいいので適度に運動】 All Rights Reserved.