老眼を解消【ウォーキングなど軽い運動でいいので適度に運動】

どうして衰えるの

困る人

年齢と共に衰える目

個人によって差はありますが、人はだれでも老眼になるものです。老眼というのは特別な病気などではなく、年齢を重ねることで目の機能が衰えることによって発生する一つの症状ととらえましょう。ピントを合わせる機能を持っている水晶体やそれに伴う筋肉の機能が衰え、ピントをあわせるのに時間がかかったり、細かな調整ができなくなることが老眼の原因です。これによって手元の文字が見えにくくなったり、読書などをしていると目が疲れてしまうようになります。だいたい40代から老眼が始まるといわれていますが、ひとによって程度には違いがあるため、一概に何歳から始まるとは言えないのが現状です。また、老眼を完全に回復させることはほぼ不可能といえますが、進行を遅らせたり、老眼になるタイミングを遅らせることができるといわれています。例えば水晶体やそれに伴う筋肉機能を鍛えるためには、目を開けたり閉じたりして、目だけをぐるぐると動かすなどの体操が有効でしょう。スマートフォンを注視しすぎるのもよくありませんし、過度な運動不足も実は目に影響を及ぼすことがあります。さらにいえば、老眼だと知られたくないからといって眼鏡をかけずに過ごすと進行スピードが早くなってしまうこともあります。自分の目の衰えを理解し受け入れた上で、上手に付き合うという意識を保つ必要があるのですね。自分に合った方法で、無理なく目のトレーニングをすることが老眼対策には一番良いのかもしれませんね。

Copyright© 2018 老眼を解消【ウォーキングなど軽い運動でいいので適度に運動】 All Rights Reserved.